審査に通らない!審査が甘いとされるカードロ-ンはどこ?

大手から審査が緩い業者を見つけるコツ

審査が緩いといわれる金融業者を選びたいと思っても、闇金だけは利用したくはないですね。大手の業者のなかでも比較的審査が緩いだろうと思われる比較の仕方を紹介します。

1・金利が高めの業者を選びましょう。

一般的に金利が高めに設定されている場合は、他社と比べて審査が緩い傾向にあります。一概にいえませんが、業者もそれだけ利益を得られるように設定していると考えられるからです。例えば金利が低く設定して返済の滞りが一部見られると、利益は当然少なくなってしまいます。その分を補うために金利を高く設定すれば差額が得られるため、多少の損失は許容範囲なのでしょう。

2・消費者金融のほうが審査は緩め

大手で選ぶなら銀行のカードローンより消費者金融を選ぶべきです。銀行より消費者金融のほうが一般的に金利が高めになっているのも1番目の理由からです。ただし消費者金融は無職の人や専業主婦の方の利用はNGのため、審査が甘いといわれても誰でも利用できるわけではありません。もし専業主婦の方が借りたいと思うなら専業主婦の利用がOKなネット銀行のカードローンが良いでしょう。比較的通常の銀行よりは審査が甘い傾向にあるといわれています。その場合収入証明書の提出は不要で、夫に安定した収入があれば問題がないのです。

 

カードローンの審査について 

流通系クレジットカードを狙ってみる

お金を借りる方法は何も消費者金融や銀行のカードローンだけではありません。クレジットカードにもキャッシング枠があるため、審査が甘いといわれる流通系で比較してみると良いでしょう。

1・普段使うデパートが狙い目

流通系のクレジットカードとはデーパートやスーパーなどが発行しているクレジットカードのことです。比較的審査が通りやすいのは、そのお店で買い物をしてもらう目的があるため多くの方に利用してもらいたいニーズがあるからです。最近では近所にあるスーパーマーケットでもポイントが溜まるクレジットカードを発行していたり、コンビニでも出している所があります。良く使うところでポイントのキャッシュバック率が高いと感じる場所で申し込みをしてみましょう。

2・既に持っているクレジットカードのキャッシング枠

社会人なら既にクレジットカードの1枚や2枚くらいは持っているはずです。それらのキャッシング枠をまずは確認しましょう。もしキャッシング枠が足りない、付いていない場合は連絡すると増額してくれることがあります。ショッピング枠で毎月返済を滞りなく使用している場合なら審査は問題ないでしょう。逆に持っているだけで1度も使用したことが無い場合は断られることもあります。使用暦が高いカードから申し込みするほうが確立は高くなります。

入会特典が大きいクレジットカードが狙い目

クレジットカードのキャッシング枠にてお金を借りる方法も検討してみましょう。同じクレジットカードでもねらい目となる基準はキャンペーンなのです。

1・入会特典が大きいカードを狙おう


例えば以前は楽天カードなどで大規模なキャッシュバックキャンペーンがありました。現在は多少もらえるポイントは下がっているようですが、前までは1万円以上の楽天ポイントがキャッシュバックされていたときもありました。それだけ新規顧客を増やすためのキャンペーンだったのでしょう。同じように新規参入してきたクレジットカードでキャッシュバック率が高いと感じれば、審査基準は甘い可能性があります。

2・JCBカードも時々キャッシュバックキャンペーンあり

JCBから直接カードの申し込みをすると、最大1万円などのキャッシュバックキャンペーンをしていることがあります。通常はJCBが付いた他社のカードを利用することが多いのですが、直接JCBに申し込んだほうが特典が大きいことがあります。大きなキャッシュバック率を打ち出している時期は狙い目といえます。それだけ顧客の数を増やしたい理由があるため、比較的審査は緩い傾向にあるようです。またJCBからも様々な企業とのタイアップカードが申し込むことができます。

収入証明書提出不要のところを選んでみる

年収の低さが審査に通らない理由だと感じるなら、収入証明書提出不要の金融業者を選択してみると良いでしょう。利用金額により幾つかのパターンを紹介します。

1・銀行カードローンなら500万円まで不要

銀行により収入証明書の提出が不要な基準は異なります。スルガ銀行では500万円までの希望額までは不要と書かれています。ほかにもオリックス銀行では300万円まで、みずほ銀行では200万円など銀行により基準値は異なります。利用金額が多くなる方は提出が不要となる基準をチェックの上申し込むと良いでしょう。銀行は総量規制対象外となるため年収の3分の1の縛りが無いためです。ただし審査の状況により別途提出が求められることはあります。必ずしも上記の金額で利用する場合に不要というわけではありません。

2・専業主婦でも収入証明書が不要

専業主婦でも申し込みがOKとしているネット銀行ローンでは、大抵50万円を限度にしています。この費用までなら本人の所得の有り無しは問わず、夫に安定した収入があれば良く、別に収入証明書の提出は求められません。ただし夫の職業や職種など詳しい状況は尋ねられる場合はあります。
収入証明書が不要なら所得により融資が断られる率は減ると考えられます。その代わり返済能力があるかは見られるため、勤続年数や他社の利用歴などはチェックされます。収入に関して審査が甘いと考えて利用しましょう。

おススメのローン会社は?